2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

2005.12.23 (Fri)

アヌーナ「クリスマスホ-リーナイトコンサート2005」

ただいまリハ中…先日六本木ヒルズアリーナにて行われたアヌーナのコンサレポです。当日はいい席で観よう!と意気込み、午後2時半頃に現地入り。丁度会場のアリーナでは打ち合わせのようなものが行われており、本番中は撮影禁止なのでリハの写真を撮ってみました(笑)
出だし部分のみ歌ったり、立ち位置の確認やマイク調整などしていたようです。客席は椅子席が500+立ち見少々。

スタッフに入場開始は16時ときいたので、それまですぐ近くのアフタヌーンティー・リビングで友人へのプレゼントを選んだりして時間をつぶし16時にダッシュして最前列中央をゲット。このステージは完全に野外の吹きっさらし状態で、始まる前はまだ風もなくおだやかでしたが、日が落ちてくるとステージ前の水盤に浮いていたフローティングキャンドルがゆらゆらし始めます。ステージ壁側と前側には松明みたいなのもあって雰囲気はなかなか。照明や音響も力を入れてるようです。

16時半の東京音大の弦楽四重奏が始まる頃には、椅子席はほぼ満席で後ろには立ち見ができます。男性1人に女性3人でした。曲目(順不同)は、『きよしこの夜』『ムーン・リバー』『見上げてごらん夜の星を』『カヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲』(アリプロ『Mother』の元ネタ曲。最初の部分が同じなので歌いたくなる)他。もっとやってくれたんですが覚えてません(汗)でも良かったですよ。

17時ちょいすぎ。アヌーナ登場。グループ全体ではもう少し多いようですが、今回ステージに上がったのは男性6名女性6名の12名。男性は白の長袖シャツにベスト+ズボン。女性は髪を下ろし裾まで届く長い黒のケープを羽織り(内側に渋い緑色の裏付き)胸の前でワイングラス型キャンドルを持ち、うち3名は客席の後ろ側から歌いながら登場。衣装はこんな感じ(アヌーナ公式サイト)

「初来日です」という挨拶から始まり、数曲ごとに簡単な曲紹介をはさみつつ進行していきました。予想していたアヌーナの持ち歌であるところの聖歌中心ではなく、アイリッシュ色が強いのが意外でした。
2回ほどプラチナブロンドにブルーのミニドレス姿の女性が曲にあわせアイリッシュダンスを披露したり、アルタンのアルバムで聴いた歌があったり(曲名思い出せない…)

プログラム中盤ではゲストのカトリオーナ・マッケイ(ハープ)&クリス・スタウト(フィドル) のミニコーナーがありました。最初はゆっくりな曲、次はいかにもアイリッシュなにぎやかな曲。フィドルのクリスさんは眼鏡にグレーのスーツ姿でフィドルを手にしていなければオシャレなサラリーマンみたい。カトリオーナさんも手にしているのはアイリッシュハープ(通常のものよりやや小型)ですが、髪をまとめて白のハーフコートにパンツスタイルというラフな感じで、パリのカフェに居そう。フィドルもハープも好きなので生演奏が聴けて嬉しかったです。もっと聴きたかったなぁ。これでティン・ホイッスルがあればパーフェクトなのに!

50分のステージでしたから全部で10曲程度くらいかな。そのうち曲名がわかったもの
『Gaudete』
アルバムだとメインソロ部分(Tempus adest gratiae~)は女性ボーカルでしたが、今回はリーダーのマイケル・マクグリンさんが歌ってました。この人はテナーなんですね。細くて高い声でした。
リベラヴァージョンに比べると、アヌーナのは結構テンポが早い。
Gaudete! gaudete!
Christus est natus
ex Maria Virgine: Gaudete!

ていう繰り返し、嬉しくてくちずさんじゃいました☆
『O Holy Night』
これは私の中ではアレッドのアルバムのイメージが強いのですが、曲の2番でアルトの女性がソロを歌いました。
今回のステージで、最初美しいソプラノを聴かせてくれたジュリー・デルピー 似の方の歌声も良かったのですが、今回とにかく存在感があったのがアルトボイスのこの人。客席通路を通りながら歌っていたので、すぐそばで深く響く歌声にうっとりしてしまいました。
アヌーナは野外でも屋外でもステージでマイクは使うようですが決してマイクに頼った発声ではなく生で聴くととにかく圧倒されまくりでした。
『リウリウ』
実はこれ、リハでチラッと耳にし、おお!とか思ったモノ。男性コーラスのみなんですが、アルバムで聴くと全然違う。生の方が迫力あってステージ外まで響き渡ってました。素晴らしい…!
それから曲名は不明ですがプログラム最初と最後の方に、輪唱のように一人ずつ歌いついでいく曲があってそれも素晴らしかったです。
観客席の中にソリストが何名か立ってステージだけでなく、その場所全体の空気を全て声のハーモニーで埋めてしまう。度肝を抜かれた演出でした。

18時過ぎコンサ終了。
夏だったら多分その後の19時のステージまで続けて観ていたと思うのですがとにかく身体が冷え切ってしまったので断念。
アルバム購入するとサインもらえる!ということで国内盤「ウィンターソングス」を購入して列に並びます。そういうことを予想して今まで購入を見送ってきたんですから(笑)観客の殆どはそのまま帰ってしまったものの20名くらいは熱心に二枚以上購入していたようです。あったのは国内盤一枚とあとは全て輸入盤で5枚くらいだったかな。

一番最初のメンバーの男性が「オナマエハ?」ときいてくれたので、本名の綴りをいうとDear:○○~と名前を入れてくれました。
あせって2文字目の綴り間違えるところでした。自分の名前なのに;
メンバーの一人Emily Jeffersさん(サイトで調べた)が、歌詞カードの『クリスマスの日』という曲の下にサインをしてくれながら「私この歌が一番好きなの。あなたは?(←もちろん英語)」ときいてくれた(らしい)のですが、うまく答えられずとりあえず笑っておきました(苦笑)
『O Holy Night』と『Gaudete』が大好きです!とか伝えたかったのですが、その場で答えるつもりはない癖にアレッドとリベラについてどう説明したらいいんだろうとか悩んだりして(苦笑)
すぐ後ろの人が「Nice Performance!」とか言ってましたが結局「Thank You」くらいしか言えなかった…(汗)ちゃっかり握手は男性2人としてきましたが(笑)そんな風で英語に不自由な私でしたが、最後の女性は「良いクリスマスを迎えてね!(←やっぱり英語)」と言ってくれました。アヌーナ、いい人たちだなぁ…☆
というわけでメンバー8名にサインしていただきました♪

帰ってからじっくりアルバムを聴いたのですが、すっかりハマってしまいました☆アルバムだとひたすらハーモニーが美しく繊細なイメージなのですが、生のステージはとにかく声の力強さと、ソプラノの透明感、アイリッシュな歌では郷愁を感じさせてくれたりでホントに素晴らしかった。ただ今度は野外でなくて館内でじっくり聴きたいですね(苦笑)生の歌声はいいなぁとしみじみ思ったコンサートでした。
パンフとサイン入り歌詞カード
 |  音楽  |  トラックバック(1)  |  コメント(1)

Comment

こんにちは。

アヌーナのコンサートは、アイリッシュダンスやゲストもいたり、サイン会まで付いた、かなり豪華なイベントだったんですね。

詳細なコンサートレポートから、楽しさが伝わってきます。
行きたかったなあ……。

アルバムの中では「リウリウ」が気に入っています。
あの曲をライブで聴くと、さぞかし迫力がありそうですね。
空穂 |  2005.12.31(土)  | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://utena3.blog18.fc2.com/tb.php/43-61302bdd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

日本人にとっては今日がメインのクリスマス!やっとグループ作業も一段落したので友人と六本木ヒルズ行ってきました。けやき坂のイルミネーションも東京タワーもきれいで…クリスマス気分はばっちり味わってきた感じ...
2006/01/09(月) 00:33:18 | きのかぼメモ

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。