2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

2007.10.20 (Sat)

The Choirboys

The Choirboysがメンバーチェンジをしてクリスマスアルバムをリリースするとのこと☆

http://www.amazon.co.uk/Carols-Album-Choirboys/dp/B000T6K8L6/ref=pd_bbs_sr_2/202-3165717-8587800?ie=UTF8&s=music&qid=1192873090&sr=8-2

↑動画が観られます☆
アルト担当の子(一番背が高い子、かな?)の声が目立つせいか
以前のもぎたてくん(笑)たちより大人っぽい感じがしますよね。

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1679265&GOODS_SORT_CD=102

↑もしやと思ったら11月7日に日本盤がでるじゃないですか♪わーい買うぞ~☆
前みたいに来日してインストアライヴとかやってくれたら嬉しいのになぁ…☆

『The Choirboys』UK公式
※こちらでも試聴できます。
一部前の子たちとごっちゃになってますが(苦笑)

リベラのDVDは一応日本版リリース待ちです。
購入された方の情報によると練習風景とかインタビューとかが
あるようなのでやはり字幕があったほうがいいかなと。

それと今買ってもDVD観るヒマがないというのもあったりします(苦笑)

お返事です↓
※拍手コメントのレス、匿名希望の場合は匿名希望と明記してください。
スポンサーサイト
 |  少年合唱関連  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.01.05 (Fri)

ベストスピリチュアル100

B000JLSUU2ベスト・スピリチュアル100
オムニバス(クラシック) エヴェラ(エミリー・ヴァン) フリッツ(シスター・ジャーメイン)
東芝EMI 2006-12-20

by G-Tools


曲名詳細はこちら
リベラが2曲入ってます。さすがEMI(笑)
あとはキングスカレッジとかウ大とかも。

お正月に行ったHMV横浜のクラシックコーナーに
あったのでちらっと試聴しました。
ベスト100シリーズはEMIの売れ筋商品ですが
今回はグレゴリアン聖歌や古楽を集めたマニアックなコンピですね。

アマゾンにアンソニー・ウェイ君のアルバムと
BACの「マハラリィの華」を注文してるのですがまだ来ません…。


テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

 |  少年合唱関連  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.12.31 (Sun)

モーツァルト・イヤー2006ハイライト

今日の午後8時半よりNHK教育テレビにて、
「モーツァルト・イヤー2006ハイライト」という番組があるのですが
そのなかにウィーン少年合唱団の
「アヴェ・ヴェルム・コルプス」があります☆
詳しくはこちら

今年行われたコンサの録画みたいなので観てみます。
来年5月、6月に来日公演があるんですよね。
一回くらいは、いってみようかな。

ぶっちゃけ紅白は今年全くみないかも。
観るとしたら徳永英明ぐらいかな。
 |  少年合唱関連  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.12.25 (Mon)

ターシャ・テューダーの贈り物

祝!マクマク初タイアップ!!
NHKの「ターシャ・テューダーからの贈り物」という番組のなかで
ジョセフ・マクマナーズ君の曲が使われていました☆
B000FJHFAEイン・ドリームズ(初回生産限定盤)(DVD付)
ジョセフ・マクマナーズ
ソニーミュージックエンタテインメント 2006-07-05

by G-Tools


オープニングで流れたのが「PSALM 23」
エンディングでは「CANDLE LIGHT CAROL」
どちらもアルバム「IN DREAMS」に収録されています。
さらに中盤のイースターエッグツリーのシーンで
リベラの「NEW DAY」がかかりました☆
※これはアルバム「VISIONS」収録です。

番組の音楽担当スタッフは間違いなく少年合唱好きですね(笑)
クリスマス向け番組なので見事に聖歌ばかりですが、映像によく合っていました。

以前から丹精込めた庭づくりと絵本作家でもあるターシャの番組観たかったんです。
思いがけなく好きな歌が流れてきて幸せ☆

ターシャはまるでおとぎ話に出てくるおばあさんのよう。
飼っている犬、鳩、鶏とはペットというより話ができるみたいだし、秋には庭で採れた林檎を収穫して林檎酒を作り、一年中手作りのロウソクの灯りで生活し、クリスマスには森から切り出したモミの木に大きなジンジャークッキーを吊るしてお祝いするなど、昔ながらの自然に囲まれた暮らしをしているのです。

ひ孫だという金髪の女の子がとっても愛らしかった。
こんなに自然と動物とたくさん触れ合える環境で、子供時代を過ごせたらきっと大人になっても忘れられない大切な思い出になるでしょうね。
私もあの庭へ行ってみたい。
 |  少年合唱関連  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.11.09 (Thu)

Harryくんの「美しき水車小屋の娘」

2004年のBACクリスマスコンサにて
美しい歌声で観客をおおいに魅了したハリー・セーバー君が
シューベルトの歌曲「美しき水車小屋の娘」のアルバムを出しました。
詳細、試聴はこちらから

この作品は、旅に出た若者が水車小屋の娘に恋をしたものの
想いを告げられず最後は川に身投げしてしまうという
全20曲のちょっと悲しいお話仕立てになっています。
本来テノールが歌うのが一般的で
ボーイソプラノの録音はとても珍しいそうです。

曲はドイツリートなので全部ドイツ語。
英語だってよくわからないのに
誰か訳して…(汗)とか思っていたら
本棚に母親が昔買ったNHKの趣味百科
フィッシャー・ディースカウ講師の「シューベルトを歌う」
というテキストがあって(ちなみに1997年)
2曲だけ楽譜と訳が載ってたので参考にしようと思います。

このアルバムは、CDExtra仕様でパソに入れると解説や曲の歌詞や
ハリー君とピアノのナダナイさんのフォトギャラリーが
見られるようになっています☆

「美しき水車小屋の娘」なんて名前をきいたことくらいしかないし…
とかなり苦手意識があったのですが
ハリー君もこの間ついに声変わりしてしまったそうで
このアルバムが最後の録音となってしまったんですよね。
それを思うとやはり購入しておかなければと思って…。

少し前にハリー君のBBCラジオ番組出演があって、
リアルタイムではないのですが
番組の音声ログを聴くことができました。

番組内で声変わり直後の歌声を披露してくれたんですけど
不思議とそれほどショックではなかったです。
高さ的には喋るときの声と同じなのですが
歌うとテノールというより女声のアルトヴォイスのような歌声で。

まだ安定する前だからこれから変わるかもしれないけれど
ゾクゾクしてしまいました。
彼の声は本当にうまく言葉では言い表せないのですが
聴く人を惹き付ける声だと思います。

興味を持った方はぜひ聴いてみてくださいね。
海外通販に抵抗がある…という方
いらっしゃいましたらご連絡ください。
 |  少年合唱関連  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。