2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

2006.05.16 (Tue)

観たい映画メモ

現在公開中のもの
…公式サイトへリンクしてます
「アンジェラ」
リュック・ベッソン監督記念すべき10作目の作品。 

「隠された記憶」
惹かれるタイトル。ジュリエット・ビノシュ出演。
カンヌ監督賞受賞作。 

「ククーシュカ ラップランドの妖精」
ヒロインの脇にいる子供が可愛い~。北欧もの。

「ダ・ヴィンチ・コード」
オドレイ・トトゥ以前とだいぶ雰囲気が違うなあ。
リベラファンは教会のステンドグラスと
黒フードが出てくる時点でもう観にいかないと(笑)

「ナイロビの蜂」
オリエンタルなテーマ曲が印象的。
レイチェル・ワイズは好きな女優さん。 

「ブロークン・フラワーズ」
ジム・ジャームッシュ&ビル・マーレイ☆
「ロスト・イン・トランスレーション」が好きな方におすすめ。 

「僕の大事なコレクション」 ~5/19まで
イライジャ主演!ひまわり畑♪ほのぼの作品?

「僕を葬る(おくる)」
以前から気になっていたフランソワ・オゾン監督作品。
「余命三ヶ月…あなたには何を残せますか」という重いテーマ。
主演の男性が美しい…☆

これから公開
「フーリガン」 6/17~
こちらもイライジャ出演。来日とかしてくれないのかな。

「ゲド戦記」
7月公開予定。
あわせて「ハウル」もテレビでやるらしいですよ。 

「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」
7/22より公開。実は前作観てないので公開までに観たい。
所詮娯楽作だとは思うんですが
ジャック・スパロウ船長の人気が高いので気になる(笑)
スポンサーサイト
 |  映画  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.04.01 (Sat)

王の帰還 リベラ

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
ハワード・ショア サントラ ベン・デル・マエストロ

ワーナーミュージック・ジャパン 2003-11-27
売り上げランキング : 8,504

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨日「王の帰還完結編」ということでSEE版がやってましたね。
これをみて検索ワードで私のブログへいらした方がいたようですが
劇中、ガンダルフが杖から光を放って敵を撃退する印象的なシーンで
使われるのはベン・デル・マエストロくんのボーイソプラノ。
もちろん作曲はハワード・ショアで「王の帰還」サントラに
「ミナス・ティリスフィーチャリングベン・デル・マエストロ」
というタイトルで収録されています。リベラではないです、念のため。

このシーン大好きなんですよ~!!
もう何度も「王の帰還」は観に行っていますが
初めて観たとき鳥肌が立って涙が自然とこぼれました。
はっとするように美しいボーイソプラノの旋律が
瞬間的に生まれた強大な魔力を表していて素晴らしい。
こういうところにもPJ監督の音楽へのこだわりがあったりします。
私の鑑賞料金の半分はこのシーンのために捧げたようなものだと
勝手に思っていたり(笑)
…ただ吹き替えだとガンダルフ役の声優さんがここで「ハッ!」とか
気合入れるんで台無しなんだけど…(涙)

ちなみに「二つの塔」でも木の鬚たちがアイゼンガルドを襲撃するシーンで
マエストロくんのヴォーカルがフィーチャーされています。ご参考までに。

ゼンハイザーのヘッドフォンで聴くとLOTRのサントラ
めっちゃ臨場感UPしたのでびっくりです。
どうもうちのコンポはオーケストラが苦手なようで
サントラかけても音が薄っぺらでつまらなかったんですが
ますます手放せないなこれは…。
 |  映画  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.03.15 (Wed)

ナルニア

ナルニア映画パンフ


観に行ってきました。
とにかく原作に忠実に作られていることに感動しました☆
観たあとで読み直しましたがホントにそのままで
フォーンのタムナスさんなんて挿絵から抜け出してきたみたい!
彼を観るだけでも一見の価値ありです。

次女ルーシィ役の女の子の演技力に脱帽でした。
あの子を見ていると自分があのくらいの年だった頃を思い出さずにはいられないのです。
そしてエドマンド役のスキャンダー君が可愛くってメロメロでした(笑)

長男ピーター、長女スーザン役の二人はまあ無難な感じですが
二人とも既に17歳なので年齢的に最後まで出られるのかという心配が…。
次回作、もう撮影してるみたいですけどね。

エンドロールえらい長かったなぁ(苦笑)
なにしろ人間より人間以外の生き物達の方が多いですから。
灰色オオカミたちがあまり怖くなかったけど(笑)
喋る動物たちも違和感なかったし。
リーアム・ニーソンのアスラン声が素敵!

WETAのテイラーさんによると
今回60種ほどクリーチャーたちをデザインしたそうですが
まとめて出てくるのでちょっともったいないような。

LOTRほど人気はでなくてもぜひシリーズ7作
全部映画化してもらえたらいいなと思います。

近いうちにナルニア世界展へ行ってWETAの作った装身具とか
4人の衣装とかビーバーさんのお家とかをみようかと。

ターキッシュ・ディライトってロシアのお菓子で
ロクムという名前だそうで。
粉砂糖をまぶしたゼリー菓子のようなものらしく。

《ちなみにこちらで取り寄せできます》
《レシピはこちら》

そして普通に売ってるのはナルニア世界展限定だそうです。
まずは買ってみます(笑)
 |  映画  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.01.30 (Mon)

ガチャガチャポン

バーニーくん目当てで観ました♪内容は日本から来た女の子たち二人を、ロンドンの街を観光も兼ねディケンズゆかりの場所へ案内するというもの。さすがバーニーくん、どこへ行くにも彼女たちを紳士的にエスコート。ああ、私もエスコートされたい…☆

「好きなタイプの女の子は?」に
「僕はまだ12歳だから恋愛には興味ないんだ。そんな年頃じゃないし」
そ、そうなの…!?へぇ~。
バーニーくんのお年頃はまだ先らしい…(笑)

好きな食べ物(日本食)は「照り焼きチキン、てんぷら、カッパ巻き」
照り焼きチキン!イギリスにはない料理なんだ(笑)

行きつけのレストランで得意だというカードを使ったマジックを披露。
映画で必要なスリのテクニックはマジシャンの方から習ったそうで
撮影中は少年たちの間でスリごっこが流行ったらしい(笑)

思ったより長くてお店とかロンドンの名所とか出てきて良かったです。

しかし番組内で出てきたミカン星人(懐かしい)
「ウゴウゴルーガ」と関係あるの、これ?
 |  映画  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.09.09 (Fri)

皇帝ペンギン

皇帝ペンギン -La Marche de l'empereur-
皇帝ペンギン(吹き替え版)鑑賞。
神木くんが子どもペンギンの吹き替えをやっている
というので行って来ました☆

地元では吹き替え版しか公開しておらず迷ったんですが
遠くの字幕ではなく近くの吹き替えということで。
神木くんが参加してなかったら多分これも観にいかなかった
であろうという作品です。

フランスのドキュメンタリー映画なんですが
とにかく夏向きですねぇ。
ペンギンたちが群れで固まって真っ白になって
ブリザードに耐えてる様子なんて観ているだけで凍えそう…。
寒い時期にはみたくないので
夏場公開するのはあたりです☆

しかし野生のペンギンたち
どれも毛並みもよく美しいのには見惚れます。
動物園で見るのはどうもくたびれてて可哀想…。

ペンギンのつがいはヒナが孵るまで
お腹の毛皮で卵を守りながら交代でエサを取りにでるんですね。
厳しい寒さのなかで孵化するまえに死んでしまう卵
せっかくヒナとして生まれても親とはぐれるもの
天敵に襲われ命を落とすもの
厳しい自然の掟もちゃんと描かれてました。
しかし、よくこれを撮ったと思います。
ぬいぐるみでもCGでもなく本物のペンギンの生態。

何もない真っ白な大地で列を作ってよちよち移動する姿は
遠くからみると人間のようで不思議。

子ペンギンの「ママはあったかいなぁ…」にめろめろでしたv

音楽をエミリー・シモンという女性の方が担当されてるんですが
ロリータヴォイス&エレクトロポップな音でサントラ欲しくなりました。
こちらで一部試聴できます
「氷を摺り合せた音」を効果音として使用してるとかで涼やか。

日本版はチャラの歌ときいてましたが一回もかからなかった。
一体どこで参加してたんだろう?
この映画はペンギンが大好きな方とちょっと涼しくなりたいときにどうぞ☆
 |  映画  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。